ホーム > それをしてはいけない! > 早過ぎる引越し

早過ぎる引越し

  • 2011年6月24日 17:47

任意売却することを決めたら、住宅ローンの支払いを停止します。その後、販売活動に入るまでには、債権者との売り出し価格交渉があります。債権者からは相場より高値での売り出しを要望されることが多く、実際に売りに出してもすぐには買い手が見つかりません。売り出しから2ヶ月で決まれば早いほうで、だいたい4ヶ月ぐらいはかかるのが普通です。

その間は、いわばタダで住んでいられるので、その間に力を蓄えるようにアドバイスするのですが、支払いをせずに住み続けていることに罪悪感を感じるのか、あわてて引っ越そうとされる方がいらっしゃいます。しかし、よほど特別な理由がない限り絶対にそれはやめていただきたいことです(すぐに引っ越したがる方は、いとも簡単に「特別な理由」を考え出すので「絶対」に言い換えました)。

その理由はいくつかあります。まず、任意売却が成立した際には、通常、債権者に対して売主の引越し費用の配分をお願いしています。わずかでも出費をおさえ、再生のための足がかりにしていただきたいのですが、ご自身で勝手に引っ越されていると、債権者に引越し費用を求める理由がなくなってしまいます。

また、売却すると買主に所有権移転登記を行う必要がありますが、ここで売主の住所が変わっていると、その前に住所移転登記もしなければなりません。わずかとはいえ、やはりそこでも無駄なお金を使うことになります。

そもそも、ご自身が住める家があるのに、さらに家賃を払って家を借りる、すなわちセカンドハウスを持つのと同じことです。言うまでもなく、そんなぜいたくなことができる身分ではありませんし、周りの関係者の眼から見ても、あまり感じのよいものではない・・・ということをご理解ください。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > それをしてはいけない! > 早過ぎる引越し

ページの上部に戻る