ホーム > 任意売却交渉の心得 > 自己破産をちらつかせない

自己破産をちらつかせない

  • 2011年6月28日 21:29

任意売却前に自己破産をするのは、たいへんよくないことです。くれぐれも、それは守っていただきたいと思います。

また、任意売却後の残債務の支払いについて、見通しが立たないからといって、自己破産をちらつかせることもよくありません。なぜなら、残債務を支払う気がもとよりないのであれば、より高く売って残債務を減らしたいという動機がないだろうし、転居費用などをせしめるためだけにすりよってきているかのように思われる可能性があるからです。

ローンの支払いが滞っている今、だれもが将来に自信が持てない状態です。ご本人にとっては、自身の心境を正直に語っているのでしょうが、自己破産=踏み倒し をちらつかせながら交渉したのでは、まとまる話もまとまりません。

「返せないかもしれないけど、お金貸してくれませんか?」とお願いして、お金を貸してくれる人がいるでしょうか。お金を貸すほうにしてみれば、こげつくリスクもある程度想定していますが、だからといって、あからさまにそう言われたのでは困ってしまいます。それと同様に、話し合いには言っていいことと悪いことがあるのです。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却交渉の心得 > 自己破産をちらつかせない

ページの上部に戻る