ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却の流れ − (7)決済

任意売却の流れ − (7)決済

決済とは、買主から代金を受け取り、物件を引き渡すことです。このときは大金が動きますので、万が一のことがないように、全関係者が集結し、とても厳密に手続きが進められます。売主、買主、債権者のそれぞれが複数いる場合もありますので、10人以上の人たちが集まることも珍しくありません。

まず、売主に融資している債権者側から、抵当権抹消書類が司法書士に渡されます。司法書士がその内容に問題がないことを確認すると、買主に融資をする金融機関から融資が実行されます。そして、その売買代金が関係者に配分されます。司法書士や仲介業者が受け取る金額は少額ということもあって、現金で受け取る場合が多いのですが、債権者は金額が大きく、必ず銀行振込になります。振り込まれた後、着金確認の連絡が入るまでしばらく待ちます。

抵当権抹消書類を受け取った司法書士は、その足で法務局に向かいます。そして、所有権移転登記が行われて、すべての手続きが完了します。

なお、決済手続きの前後に、任意売却後の残債務の返済について、債権者から事情を尋ねられる場合があります。尋ねられることは決まっているので、問答を想定して、あらかじめ回答を用意しておくとよいでしょう。ここでもめたりすることはありませんので、ご安心ください。

以上で、任意売却は完了です。玄関のチャイムが鳴っても電話が鳴ってもビクビクしていた生活とも、もうお別れです。その後の残債務の取り扱いについては、落ち着いて生活状況に合わせた解決策をゆっくり検討しましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却の流れ − (7)決済

ページの上部に戻る