ホーム > 任意売却物語 > ポスティング禁止は、だれが決めているのでしょうか?

ポスティング禁止は、だれが決めているのでしょうか?

任意売却を依頼され、すでに空家になっているマンションを下見に行ってきました。

その際に必ず行うことが、集合ポストの整理。郵便物の他に、チラシ、DMが多数詰め込まれているので、それらを整理して片づけます。

分譲マンションの入口には、必ずと言っていいほど「チラシ等の無断投函禁止」と書かれた看板や掲示があります。しかし、ほとんどのところは黙認されていて、管理組合で本当に禁止を決めているところはわずかです。

今回、チラシの整理をしていたら、マンション管理会社の広告が入っていました。「管理組合理事のみなさん。管理にかかるコストを見直しませんか?」という呼びかけです。マンション管理会社は、分譲当時に入り込んだ管理会社が法外な管理料をとっている場合があるので、見直すと確かに安くなる場合があります。

しかし、これを見て、あれ? と思いました。管理組合がチラシの投函禁止を決めているわけではないので別に構わないのですが、むしろそれを禁止するという看板を勝手に置いているのは管理会社自身ではないのか? と思うのです。その管理会社がポスティングをしているのには少々違和感が・・・ もし、それが功を奏して、そのマンションの管理会社の地位を獲得したら、やはり「チラシ無断投函禁止」と張り出すのでしょうか。

禁止看板は、内容が威嚇的で、あまり感じがよくありません。そのせいか、ハイグレードのマンションにはそのような掲示がまったくないケースもあります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > ポスティング禁止は、だれが決めているのでしょうか?

ページの上部に戻る