ホーム > 任意売却物語 > 重要事項説明でウソをついていたらどうなるか?

重要事項説明でウソをついていたらどうなるか?

重要事項説明でウソをついたり、重要な瑕疵を隠したりしたらいけない・・・これは当たり前のことですが、実際にそれが起きた時にはどう落とし前をつけるのかは、意外とかんたんではありません。

売却のご依頼をいただいたお客様の戸建住宅の土地が、再建築不可の状態であることがわかりました。購入されたのは15年以上前で、もちろんそんなことがわかっていたら購入しているはずはなく、売買契約書や重要事項説明書では、意図的にその点が隠蔽されていました。

ただいま、弁護士と対応を協議中です。経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご助言ください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 重要事項説明でウソをついていたらどうなるか?

ページの上部に戻る