ホーム > 任意売却物語 > 任意売却に「絶対」はあまりない

任意売却に「絶対」はあまりない

弊社の「任意売却無料相談」にお電話をいただくお客様は、あらかじめいろいろなことを調べたうえでご相談いただく方が多くなっています。その理由はかんたんで、大手業者さんと違って宣伝力がとても非力なので、サイトの中身を評価していただいたうえで選んでいただく他にないからです。

その点、理解力のあるお客様が多いので助かっていますが、そのことは弊社までたどりつけない方が多数いらっしゃることの裏返しでもありますから、もっともっと「面倒な仕事」を増やしていかなくてはいけません。

前置きが長くなりましたが、よく調べられている方は、いろいろなことをよくご存じである反面、間違った情報や正確でない情報も多く取り込んでいる場合があります。

たとえば「住宅金融支援機構は、絶対に引越し代を出さないと聞きました」という方がいらっしゃいました。原則としては、出さないということになっていても、それは「絶対」ではなく、実際に用意していただいたケースは、多々あります。

また、あきれた例では、弁護士に「債務が800万円も残るので、絶対に任意売却は認められない」と言われた方がいらっしゃいました。

後者の弁護士の例はまるでデタラメなので論外としても、過去のひとつの経験を絶対的・普遍的なものと思い込んで、そのように発言されている方も少なくないように思われます。

なにごとも程度問題ではありますが、任意売却は話し合いによって決着をつけようということなので、スジの通った論理を組み立てれば「絶対にダメ」ということはあまりありません。ですから、頭からダメと決め付けるのではなく、チャレンジしてみることも必要なのです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却に「絶対」はあまりない

ページの上部に戻る