ホーム > 任意売却物語 > リーマン・ショックは「逃げるが勝ち」

リーマン・ショックは「逃げるが勝ち」

2007年のサブプライム問題、2008年のリーマン・ショックは、まだ記憶に新しいところですが、その時期に家を購入された方の住宅ローン破綻も急増しています。

「家を買ってまだ4~5年なのに?」と思われるかもしれませんが、経済社会状況が劇的に変わってしまったのですから、それもやむを得ません。従来の常識に引きづられて「まだ音を上げるのは早い」などと考えて無理をしていると、ますます厳しい状況に追い込まれてしまいます。

特に派遣切りの憂き目にあった方は、汲々としながら住宅ローンを払っている場合ではありません。ご自身の将来の生活設計をあらためて見直すために、任意売却も視野に入れて検討すべきだと思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > リーマン・ショックは「逃げるが勝ち」

ページの上部に戻る