ホーム > 任意売却物語 > 一部の悪質な金融機関対策

一部の悪質な金融機関対策

弊社では「住宅ローンの問題で自己破産する必要などない」とアドバイスしています。少なくとも、所有する不動産がある場合は、円満な話し合いによる任意売却を先行させるべきで、その姿勢は多くの金融機関にも歓迎されています。

通常、お客様より任意売却の依頼を受けたことを金融機関に伝えると、多くの金融機関は歓迎していただけます。そして、その後の実務的な手続きの流れについての話し合いを行うのですが、ごく一部の金融機関には、お客様の事情に省みることなく、当方のそのような好意も快しとせず、ますます執拗な取り立てを行い、あらゆる無理難題を押し付けるようなところが存在します。

そのような金融機関の存在のため「過酷な取り立てなどはドラマや映画の世界の話で、実際にはそのような金融機関があるわけではないのでご心配なく」というほぼ間違っていないアドバイスも、100%そのとおり、とも言えない現実があります。

そこで、そのような特殊なケースに限って、債務整理の手続きも含めたフォローをするしくみを作ることにいたしました。

ただし、これは任意売却の手続きを進める中で具体的な問題が生じた場合に限り、弁護士の協力を得て行うもので、債務整理手続きのみのご相談をお受けするものではありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 一部の悪質な金融機関対策

ページの上部に戻る