ホーム > 任意売却物語 > 郷に入れば郷に従え

郷に入れば郷に従え

「郷に入れば郷に従え」とは、初めにだれがおっしゃったのでしょうか。なるほど~と、強く思うことがありました。

先日、日頃たいへんお世話になっている自動車屋さんが、とても嘆いていらっしゃいました。「高級外車の車検では代車を出して車を預かるのだけど、○○県では代車のガソリンを満タンで貸しても、必ず空っぽになって返ってくる。東京じゃそんなことはないんだけどねぇ」

ま他人事なので、その時はあまり気にも留めていなかったのですが、今日「あらあら?」と思うことがありました。その○○県の業者さんから、フリーダイヤルで電話がかかってきたのです。

「フリーダイヤルは個人のお客様用であって、業者は一般回線で電話する」というのは常識だと思っていたのですが、考えてみればそんなことはだれも決めていないし、かけられて文句を言うぐらいならそんな番号を持つな・・・と言われてもしかたないかもしれません。

ふたつの選択肢があった場合、どちらを選択するかはその人に決定権があります。「業者なのにフリーダイヤルにかけては、ひいては自分が損することになるかもしれない」と考える人もいれば「付き合えるかどうかわからない業者相手に、カネを払ってまで話をする必要がなぜある?」と考える人がいても不思議ではありません。それがひょっとすると「日本の常識」であり、ひょっとするともしかして「世界の常識」なのかも?  

業者にも信頼されないようでは、一般の方に信頼される道理がありません。みなさんに信頼されるようがんばってまいります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 郷に入れば郷に従え

ページの上部に戻る