ホーム > 任意売却物語 > 機構団信は安くない

機構団信は安くない

一般的な住宅ローンの債務者には「団体信用生命保険」(団信)がかけられており、万が一のことがあった場合、その生命保険から残債務が支払われることになっています。その保険料は金利に含まれており、原則として加入の可否を選択することはできません。

しかし、住宅金融支援機構のフラット35などでは、その加入は任意で、加入した場合は、毎年保険料が銀行口座から引き落とされます。もしその支払をしなければ、保険契約が失効します。

(保険会社の社員を含め)ほとんどの方が、団信は「保険料が安い」と思われていますが、住宅金融支援機構の団信(機構団信)はそうではありません。老若男女すべて一率の保険料のため、特に若い人にとっては随分割高になっています。

保険業法等の規制に抵触するおそれがあるため、ここで具体例などをご紹介することはできませんが、40歳代までなら一般の生命保険への乗り換えを検討の余地があると思われます。

団体信用生命保険料を安くする方法

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 機構団信は安くない

ページの上部に戻る