ホーム > 任意売却物語 > 連帯債務がある場合の離婚

連帯債務がある場合の離婚

いろいろな任意売却のご相談のうち、頭が痛いケースのひとつが「夫婦が連帯債務者で、離婚することになった場合」です。

離婚してしばらく時間が経っていると、妙なしがらみを一掃すべく、かえって任意売却の手続きが粛々と進められる場合があるのですが、今から離婚というタイミングでは、感情的な面でも経済的な面でも対立が最高潮に達しており、その渦中で、話し合いによる決着である任意売却を進めることは、かんたんなことではありません。

しかし、任意売却で覚えておいていただきたいことは「決して双方の利害が対立しない」ということです。債務者としての立場を共有しており、債務者にとって有利な決着が図られれば、双方にとって有利なわけですから、そこはクールに「協力」していただきたいものです。

「いや、そんなことはどうでもいい。相手が苦しめば苦しむほどいい」とお考えになるなら、弊社の出る幕はありません。弁護士に相談されるとよいでしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 連帯債務がある場合の離婚

ページの上部に戻る