ホーム > 任意売却物語 > 恐ろしい不動産業者の営業トーク

恐ろしい不動産業者の営業トーク

弊社のご相談電話には、任意売却のご相談ではなく、時々、不動産を購入される方からのご相談もあります。今から住宅ローンを組むにあたって、もし将来払えなくなったら? という不安にかられてお電話をいただくようです。

任意売却とは関係ないのですが、お悩みの方が弊社のホームページを見てお電話をいただいたわけですから、できる範囲でのアドバイスはして差し上げるようにしています。そもそもご住所もお名前も伺っていないので、その内容をブログに書いても「情報漏えい」には当たらないでしょう。

最近あったのは、頭金なし、諸費用も借り入れて、娘さんがマンションを購入される予定。しかし、娘さんだけの収入では足りないので、親御さんが連帯債務者になる。それで大丈夫だろうか? というご相談です。

ちょっと聞いただけで、なんとも危なっかしいお話ですが、驚いたのはマンション販売会社の営業トーク。営業マンから「これはとてもいい物件なので、もしローンが払えなくなっても、人に貸してもいいし、売ってもかまわない」と言われそうです。これにはびっくり!

希望する家賃で入居者が決まる保証はなく、むしろそのようなことはありえないこと。新築のマンションは買って入居した瞬間に中古になるわけで、売却しても頭金なし、しかも諸費用まで借りたローンの返済などできるわけがないことをお話ししました。

しかしまぁ、売る側の立場から言えば、そのようなことを言うのは「当然」なのでしょうか? いやはや恐ろしいことです。そうなったらなったで任意売却してもかまわないかもしれませんが、それを予定して購入するのはやめましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 恐ろしい不動産業者の営業トーク

ページの上部に戻る