ホーム > 任意売却物語 > 金融円滑化法期限切れを迎えて、税取り立てが活発化?

金融円滑化法期限切れを迎えて、税取り立てが活発化?

昨日に引き続いて、税金の取り立ての問題です。

埼玉県の某市にお住まいの方からのご相談。滞納税を取り立てる税務課職員から、住宅ローンの返済猶予をしてもらうよう、銀行に相談に行くように求められたそうです。

それは、金を借りて納税せよと言っているに等しく、一度そのようなことをすれば借金のツケ回しにつながりかねないので、決して応じてはならないと強く警告しました。

金融円滑化法が来年期限切れになる前に住宅ローンにしわ寄せして、今のうちに取れるだけ取っておこうという作戦なのでしょうか。本当に、手段を選ばない徴税強化が進められています。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 金融円滑化法期限切れを迎えて、税取り立てが活発化?

ページの上部に戻る