ホーム > 任意売却物語 > 男のプライド

男のプライド

「自己破産の手続きを受任すれば、直ちに借金の取り立ては止まり、免責決定を受ければ債務はすべてなくなりますので、返済する必要はなくなります」

これは、自己破産を勧める弁護士のお決まりのセールストークです。「借金取りの取り立て」という、今まで経験したことのない事態に恐怖を感じ、「返済する必要がない」という言葉は、今の厳しい状況から脱出できるという希望が感じられるのでしょう。

経済的に困窮しているはずの方が、その甘美なセールストークの前には、どこからか数十万円の費用を捻出してきて、弁護士に差し出すのですから不思議なものです。

優秀なセールストークのポイントは、相手に想像をさせることです。「優秀」な弁護士は、本人自身の想像によって恐怖にかられていくように誘導するテクニックがあります。

その点、弊社にはそのようなテクニックはありません。ご自身で将来を切り開いていくお手伝いとアドバイスをさせていただくだけです。あまりに怖気づいている方には、時として「なにビクビクしているんですか。男でしょ?」と申し上げることもあります。

ことさら性差を持ち出すことは、あまり適切ではないかもしれませんが、しかし、これは意外と効く言葉なのです。そう申し上げるとふと我に返って、笑いが漏れることがあります。男のプライド、復活です。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 男のプライド

ページの上部に戻る