ホーム > 任意売却物語 > 所得が多いと、自己破産もあり

所得が多いと、自己破産もあり

任意売却後の残債務が払えない、という理由で自己破産をする必要はない、ということは、再三再四このブログでも書いてきました。返済能力を喪失している人にとっては、自己破産しようがしまいが、結果はほとんど変わらないからです。特に、高齢で年金生活をされている方の場合、まったくと言っていいほど必要ありません。

しかし、返済能力がある場合は、話が少々違ってきます。最近、そのような収入がそれなりにある複数の方から、立て続けにご相談をいただきました。

複数の無担保ローンの返済があるため、住宅ローンの返済が厳しくなってしまったとのことでした。無担保ローンの残債務をお伺いすると、400万円とのこと。高金利ですから、確かにこれは大きいですが、この方の年収から照らし合わせると、返済が不可能なほど過大な金額とも言えません。

このような方の場合、任意売却を行い、その結果、千万単位の残債務が生じたら、むしろこれは自己破産を行うチャンスかも知れません。無担保ローンだけでは債務整理するほどではなくても、住宅ローンの残債務を合わせて行えば、一気に解決できる可能性があるからです。

ただし、自己破産を検討するにしても、それは任意売却が終わってからです。時間はたっぷりありますので、いろいろな可能性を書き出して整理し、じっくり比較検討しましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 所得が多いと、自己破産もあり

ページの上部に戻る