ホーム > 任意売却物語 > 賃借人が退去した時が任意売却のチャンス

賃借人が退去した時が任意売却のチャンス

住宅ローンを支払いながら、自身が住むのではなく賃借人に貸しているケースがあります。

転勤などのやむを得ないケースもあれば、単に住宅ローンの支払いが厳しくなってきたために、ご自身は安い賃貸に移ってまで貸しているケースすらあります。

賃料でかろうじてローンを支払っているという場合、賃借人が退去するとたちまちローンの支払いに窮してしまいます。そこで早く埋めようと家賃を下げたりすると、条件がますます悪くなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

そんな危ないことは直ちにやめるべきです。といっても、現に賃借人がいる場合は合意が必要なので、退去を求めることは容易なことではありません。退去されたら困りますが、退去してもらえないのはもっと困ります。

現在賃貸に出されている人は「賃借人が退去したら、その時が任意売却のチャンス」と覚えておきましょう。早め早めに方針を決めておくと、精神的な余裕が持てます。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 賃借人が退去した時が任意売却のチャンス

ページの上部に戻る