ホーム > 任意売却物語 > 不運のようで、実は幸運でした

不運のようで、実は幸運でした

「人に貸そうとしてリフォームまでしたのに、借り手がなかなか見つからなくて困っています」というお問い合わせがありました。

住宅ローンの支払いが厳しくなり、不動産業者の勧めで賃貸に出すことにしたそうです。しかし、それはローンの支払いに困ったときの禁じ手。人に貸してローンを返済するということは「不動産事業」を営むということですから、安易に手を出すとひどい目にあいます。

しかし、あらためて今の状況を冷静に見てみると、リフォーム済みで未入居。任意売却を行うには、絶好の状態です。もし賃借人が入っていたら、わずかばかりの家賃は入っていたかもしれませんが、物件の価値はガタガタになっていたところでした。

今までは入居者が決まらずにイライラされていたことでしょうが、借り手がとうとう見つからなかったことは、実は幸運なことだったのです。

無料相談電話:0120-961-881

ホーム > 任意売却物語 > 不運のようで、実は幸運でした

ページの上部に戻る