ホーム > 任意売却物語 > 任意売却は、連帯保証人に迷惑をかけない最善の方法

任意売却は、連帯保証人に迷惑をかけない最善の方法

「連帯保証人になっている兄弟には迷惑をかけたくない」という理由で、任意売却に踏み切るのにためらわれる方がいらっしゃいます。そこで弁護士に相談したところ、勧められるがままに自己破産をしてしまった・・・

自己破産することを「せめてものお詫び」と思われるのか、その心境はよくわからないのですが、それは結局正反対の、親族に債務を全部押し付け、自分だけが借金から逃げる道を選んでしまうことになります。

自己破産すると、債権者は債務者本人にはなにも言えなくなってしまいますので、連帯保証人のところに取り立てに行くしかありません。そして、連帯保証人は、債務者が自分しかいないので、逃れようがまったくなくなってしまいます。

その点、任意売却を行う際には、必ず残債務の取り扱いについての協議が行われます。その際にご自身による返済計画を提案し、それに同意が得られれば、連帯保証人に迷惑がかかることはありません。

もちろん、連帯保証人が資産家で、一括返済できるような方であれば、話は別です。しかし、そのような方のお悩みに巡りあったことがありません。連帯保証人がそのような方であれば、ローンの返済に困った時点でその方に頼っていて、任意売却の相談に来られるような人はそもそもいないのです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却は、連帯保証人に迷惑をかけない最善の方法

ページの上部に戻る