ホーム > 用語解説 > 代位弁済とは

代位弁済とは

住宅ローンの延滞が始まると、金融機関の中には困惑するほどに執拗な取り立てを行う、悪質な金融機関も存在しますが、それはごくごく一部です。あまりに失礼な態度をとるようであれば、必要なことを伝えて、以後は一切無視してもかまいません。なぜなら、いずれ代位弁済が行われ、その後は債権が保証会社に移行するからです。

ほとんどの場合、住宅ローンには、保証会社による債務保証が行われています。万が一、ローンの返済が滞った場合、債務保証をしている保証会社が、債務者に代わって、銀行にたいして総額を弁済してくれます。これを「代位弁済」と言います。代位弁済が行われれば、融資をしていた金融機関とは縁が切れます。ですから、それまで取り立てに来ていた担当者とも顔を合わすことはなくなります。

「代位弁済が行われたら、借金がチャラ?」と期待されるかもしれませんが、残念ながらそうはなりません。今度は、代位弁済を行った保証会社から返済を求められます。そこで、とるべき道はひとつ。自ら家を売却して、その売買代金を返済に当てる。つまり、任意売却です。事実上、それ以外の方法はないと言っていいでしょう。

任意売却を行わず、なにを言ってこようがとことん相手を無視して居座り続けると、競売の申し立てが行われることになります。「競売にすればよい」と選択肢のひとつのように言う方がいらっしゃいますが、それは相手がそうせざるをえないというだけで、円満な解決方法ではありません。

なお、かつての住宅金融公庫の融資では「公庫住宅融資保証協会」が債務保証を行なっていましたが、住宅金融支援機構に改組される際に、住宅金融公庫本体と経営統合されました。保証契約は受け継がれていますので、契約関係になにも変更はありませんが、形式上「代位弁済」という用語が使われることはありません。ただし、案件が債権回収担当部署に移管されることを指して、便宜的に代位弁済と言う場合があります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 用語解説 > 代位弁済とは

ページの上部に戻る