ホーム > 任意売却物語 > 「競売等」とは、競売のことではありません

「競売等」とは、競売のことではありません

「○○月○○日までにご返済いただけなければ、競売等の法的手続きに入ることをご承知おきください」という催告書が届き、それを読んで、その期日が過ぎれば直ちに競売にかけられる、と思い込んでしまう方がいらっしゃいます。

しかし、そんなことはありません。「競売にかける」と言えば、びっくりして返済資金を集めてくる人が1000人の中に一人でもいれば、それだけでも多少は回収できるからそう書いているわけで、実は「競売等」の “等” には幅広い意味があります。本当の強制競売は、彼らにとっては最も採りたくない選択肢ですから、その期日を過ぎていても任意売却は可能です。

「もうダメ」とあきらめる前に、お電話でご相談ください。まれに、本当にもうダメということもないわけではありませんが、ほとんどのケースではまったく問題ないことのほうが多いのです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 「競売等」とは、競売のことではありません

ページの上部に戻る