ホーム > 任意売却物語 > 生活保護とセットの任意売却

生活保護とセットの任意売却

最近「失業・病気・無収入」という方のご相談が珍しくなくなってきました。住宅ローンの返済どころか、文字通り「食べる」ことすらままなりません。さらには、国民健康保険料の滞納により保険証が取り上げられていて、医者にもかかれないとなると、生命にもかかわる危機的状況です。

こうなると、生活保護の申請も検討しなければなりませんが、持ち家や債務があると門前払いされることもありますので、生活保護の申請、債務整理、住宅の任意売却をセットで進めていく必要があります。

「持ち家があると、生活保護は認められない」といった話を耳にすることがありますが、そんなことはありません。「とりあえず窓口で聞いてみる」といった中途半端なことをすると、否定的な反応しか返ってきませんから、状況の整理と計画的なプランを立てることが必要です。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 生活保護とセットの任意売却

ページの上部に戻る