ホーム > 任意売却物語 > 残債が清算できるケースはほとんどない

残債が清算できるケースはほとんどない

「地元の不動産業者に聞いてみたところ、残債額以上の金額で売れると言われました」

ご相談の電話で、このようにおっしゃる方もいらっしゃいます。しかし、それは不動産業者のリップサービスと受け止めたほうがよいでしょう。業者は、自分が買うわけではないので、いくら高値で査定してもリスクは負いません。

だれしもが「少なくとも残債は清算したい」と思いますが、現実にはむずかしいケースがほとんどです。わずかにありえるとしたら、以下のような場合に限られるでしょう。

ローンは建物だけで、土地はもともと保有していた
購入時に、多額の頭金を入れた
返済期間の大半が経過している
東京都心部などの地価が値上がりしている地域の物件である

「新築物件」「売買代金の100%をローンで借入」「返済期間が半分以上残っている」という条件がすべて当てはまるのであれば、売却によって残債務を清算することは不可能、と考えるべきです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 残債が清算できるケースはほとんどない

ページの上部に戻る