ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却にかかる費用について

任意売却にかかる費用について

任意売却のご相談で必ずと言っていいほど出てくるご質問は「お願いした場合の費用はどうなるのですか?」というものです。

任意売却が成約したあかつきには、弊社は仲介手数料を頂戴します。ただし、買主が支払う売買代金は、売主の手元には入らず、基本的にはその全額が住宅ローンの返済に当てられることになります。それでは、仲介手数料や登記のための費用も出てこないことになってしまいますので、任意売却では売買代金の中から必要な費用を差し引き、差し引き後の金額を返済金として当てることになっています。

たとえば、物件が1000万円で売れたとします。そして、仲介手数料に37万8000円、登記費用を含む司法書士への支払金に5万円、売主の引越し費用が15万円だったとすると、合計57万8000円を売買代金から差し引き、942万2000円が返済金になります。このように、任意売却の費用は売買代金の中から支払われるので、売主はあらかじめ費用を用意する必要はありません。

ただし、少なくない任意売却業者が、このことをとらえて「お客様の費用負担はありません」と宣伝していることについては、かねがね疑問に思っています。費用として拠出した分だけ返済額が減り、残債務が増えるのですから、あくまで売主が負担していることには変わりがないからです。

任意売却後、自己破産して免責を得たり、債務免除を受けることを前提に考えれば、それもあながち外れた表現ではないかもしれませんが、不特定多数の方々への説明としては正確とは言えず「優良誤認を招くもの」という批判を受ける可能性があり、弊社ではそのような説明を行なっておりません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却にかかる費用について

ページの上部に戻る