ホーム > 任意売却物語 > 必要な部屋数で家を考える

必要な部屋数で家を考える

経済的な事情から、家庭内が不和になって離婚した場合、元妻(以下、単に「妻」)と子どもが住んでいる場合と、元夫(以下「夫」)が一人暮らししている場合があります。

所有者が夫で、占有者(居住している人)が妻という状況は、後々任意売却の話し合いがまとまりにくく、望ましい状況ではありません。今から離婚されるという方は、安易にそのような選択をせず、家を清算したうえで離婚されることをお勧めします。

一方、家族が他に引っ越して夫だけが家に残った場合、任意売却はとても簡単です。しかし、一人暮らしで心細く、相談する相手もいないという状況になりがちで、ご本人がなかなか決断できないケースが見受けられます。

そこでお考えいただきたいことは、仮に返済するお金があったとしても、その家に住み続けることがいいことか?という問題です。3LDKに家族4人で生活していたのに、現在は一人暮らし。広いからといって、果たして快適でしょうか。

合っていない家はいち早く売却して、より快適な家探しをされるほうが、ずっと明るい気持ちになれると思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 必要な部屋数で家を考える

ページの上部に戻る