ホーム > 任意売却物語 > 税務署、税務課を無視してはいけない

税務署、税務課を無視してはいけない

住宅ローンの返済が苦しくなってくると、固定資産税などの税金の滞納も始まっているケースが珍しくありません。特に自営業の方などは、固定資産税のみならず、所得税、消費税、国民健康保険料(税)の滞納も合わせて、数百万円単位にまで膨らんでいる場合もあります。

そうなってしまっては、住宅ローンの返済を維持していくことなど、現実的なことではありません。最近では、特に市区町村が、税滞納を理由に違法な差押を行うケースが横行しています。「市が違法行為? そんなことがありえるのか?」と思われるかもしれませんが、納税者側の問題行為に対処するためのやむを得ない措置だったと、正当化する理由を用意しているのです。

差押を行う理由として、もっとも多いのは、再三督促しているのに応じない「不誠意事案」と呼ばれるものです。「支払える状態ではないのに、電話に出ても返答に困るだけで出たくない」というそのお気持ちはわかりますが、そのような対応が違法な差押に口実を与えてしまうのです。そして、差押を受けてそれを放置しておくと、後々たいへんなことになります。

●税金が払えなくなるようなら、家の売却を検討する
●税金の支払いより、住宅ローンの返済を優先させない
●督促の連絡があれば応じ、払える範囲での分納交渉を行う

なお、最近では誠実に対応し、約束通りに分納をしているにもかかわらず、一方的に差押が行われるケースが増えています。違法な差押を違法な理由で行うというとんでもない振る舞いには、法的手段を含めて対策を検討する必要があります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 税務署、税務課を無視してはいけない

ページの上部に戻る