ホーム > 任意売却物語 > 連帯保証人に迷惑をかけないようにするには

連帯保証人に迷惑をかけないようにするには

「身内の者が連帯保証人になっているのですが、任意売却をすると、残債務の請求が身内のほうにも行きますよね? 決して迷惑をかけたくないのですが・・・」

もちろん、返済が滞れば、連帯保証人のところにも請求書は送られてきます。しかし、連帯保証人になった時点で連帯保証債務は背負っているわけで、そのことが確認されるだけ、とも言えます。連帯保証債務の不履行という事実は消せないとはいえ、本人に代わって実際に返済してもらうことが「迷惑をかける」ことであり、連帯保証人に「払わせない」ようにすれば、迷惑をかけずに済んだと言えるでしょう。

そのためには、任意売却が最適です。任意売却とは、借金を踏み倒すことではなく、返済を行うことです。ただし、いっぺんにすべての返済ができないので、まずまとまった金額を任意売却によって返済し、残債務をどうするかを金融機関と話し合います。そこで返済プランを提案し、それが承認されれば、連帯保証人が取り立てられることにはなりません。

その対極にある行動が自己破産です。自らは返済を行わず、借金を踏み倒し、後のことは連帯保証人に委ねます。「借金の返済に困ったら、さっさと自己破産して連帯保証人におっかぶせばいい」と言ってはばからない弁護士もいますが、私にはそのようなことが平気で言える人の気持ちがよくわかりません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 連帯保証人に迷惑をかけないようにするには

ページの上部に戻る