ホーム > 任意売却物語 > 不動産の複数見積など、意味がない

不動産の複数見積など、意味がない

インターネットで「あなたの不動産は今いくら? 複数の不動産会社がズバリ査定します」というような広告が出ています。この広告の狙いがおわかりになるでしょうか。

それは、家を手放すことを考えている人を探すためです。家を売ることに関心がない人は、査定価格などあまり興味がなく、査定価格が気になる人はそれ次第では売ってもいいかな? と思っている人だからです。

今日ご相談いただいた方は、不動産の売却を検討されており、大手不動産会社から4000万円程度の査定を受けているそうです。しかし、弊社が見る限りでは、3000万円プラスα 程度しか見込めませんでした。その業者が4000万円で買い取ってくれるのであれば、まったく問題はないのですが、ただ単に仲介を行う売出価格についてですから、相場より高い値段をつけて売れなくても、その責任を負ってくれるわけではありません。しかし、まずは囲い込むことが重要だという営業戦略なのです。

高額での売却を期待され、とうとう売れずに切羽詰まってから任意売却のご依頼を受けることもよくあることです。そのようなことにならないよう、近隣の具体的な成約事例をお尋ねになるのは効果的だと思います。

また、特にマンションの場合は、近隣の成約事例との比較がとても容易なので、ウソの査定はすぐにわかります。セカンドオピニオンとしてご相談ください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 不動産の複数見積など、意味がない

ページの上部に戻る