ホーム > 任意売却物語 > 債権者は競売にかけたいわけではない

債権者は競売にかけたいわけではない

「このような状況で、任意売却に応じてもらえるのでしょうか?」

任意売却のご相談で、このようなお尋ねを受けることがあります。任意売却にはいろいろなメリットがあることを説明すると、そのことがかえって「厚かましい申し出」のように受け止められるのかもしれません。それは大いなる誤解です。任意売却のメリットをもっとも享受するのは、金融機関のほうだからです。

お金の貸し借りにリスクはつきもので、一定の割合で破綻が生じることは織り込んでいます。その中にあって、できるだけ費用をかけずに、最大限の回収を行うために任意売却があるのです。決して、返済に窮した債務者が憎くて「とっちめてやろう」と金融機関が考えているわけではありません。

競売の申し立てをするには、手続きに手間も費用もかかりますし、いくらで売れるかもわかりません。そのすべてが、裁判所になされるがままに付き従わなければなりません。その点、任意売却では立場が逆転。すべて仲介業者が段取りを行い、提示された配分案に対して、首を縦に振るか横に振るかだけです。そのほうが、債権者にとって望ましいことは言うまでもありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 債権者は競売にかけたいわけではない

ページの上部に戻る