ホーム > 任意売却物語 > 賃貸に出すとは、不動産事業を営むこと

賃貸に出すとは、不動産事業を営むこと

ローンの返済に困って持ち家を賃貸に出すことは、決してやってはいけないこととして、強く警告しています。

「ローンの支払には困っていないが、空家のままで置いておくのはもったいないから、借りたい人がいたら貸してあげてもいい」ということであれば全然問題ありませんが、ローンの返済に困って賃貸に出す、という選択肢はありえないと考えてください。

東北地方の一部を除いて、どこでも賃貸住宅は余っています。そのような状況で、いかに賃借人を確保するかが、大家さんにとっての大きな課題です。

家賃の安さで勝負するなら、コスト削減がポイントです。賃貸管理会社など使わず、自分で家賃を集金。壁や天井のクロスなど自分で張り替えるのは当たり前。リフォームまで自分でやってしまうという強者さえいます。

一方、特定の層にターゲットを絞り、魅力ある物件にすることで、よそより多少高い家賃であっても賃借人を確保しようというアイデアもあります。たとえば、若者にターゲットを絞り、かつ人柄などの入居審査を厳しくすることで、おしゃれなスペースを入居者が共用できるシェアハウスにする、といったアイデアを教えていただいたことがあります。「家賃は少々高くても、変な人がいなくて、なにかがあった時にはお互いに助け合える」という安心感をウリにしているのです。

そのような経営努力を行なってこそ、初めて不動産賃貸事業を営んでいけるわけで、頭も体も使わずに、何もしなくてもお金が自動的に入ってくる・・・などと考えてはいけません。よく考えてみるまでもなく、それはごくごく当たり前のことでしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 賃貸に出すとは、不動産事業を営むこと

ページの上部に戻る