ホーム > 任意売却 Q&A > 裁判に出頭してもしかたがない

裁判に出頭してもしかたがない

「裁判所から呼び出し状が届いて、答弁書を作成するように書いてあるのですが、どうやって作るんですか?」

住宅ローンの返済が一定の期間以上滞ると、保証会社が銀行に代位弁済を行います。保証会社はお金を取って保証をしているのですから、代位弁済をしたからといって、いきなり債務者を裁判に訴えたりしないものですが、信販系保証会社の中にはそのようなことをする少々お行儀の悪いところもあります。しかし、だからといってなにか特別に困ることがあるわけではありませんので、気にする必要はありません。

裁判所から「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」が送られてきて、それには答弁書を提出をするように書かれていることから、それをどうやって作るのか? と頭を悩ませる方がいらっしゃいます。しかし、これは「借りた覚えはない」とか「私には返済義務はない」などと、相手の言い分に全面的に争うために用意されているしくみで、住宅ローンの返済ができなかった事実を認めている以上、答弁書を作成する必要も呼び出しに応じる必要もありません。返済が滞っていることが事実であれば、出頭してもしなくても裁判には負けるのですから、わざわざ出向いていく意味がありません。

もちろん、その請求内容が身に覚えのないことなら、ちゃんと反論しなければならないことは言うまでもありません。以前、架空請求詐欺に裁判を悪用することが流行ったことがありますので、だれから訴えられているのか、ぐらいは確認しましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 裁判に出頭してもしかたがない

ページの上部に戻る