ホーム > 任意売却物語 > ギリギリまでがんばらない

ギリギリまでがんばらない

相談のお電話で、いつから住宅ローンの延滞が始まったかをお尋ねしたところ「1年以上前から」とおっしゃる方がいました。

それでは、とっくの昔に任意売却するように求められるか、競売にかけられているはずなので、詳しくお話を伺ってみると、5か月延滞した後、期限の利益を喪失しないように毎月支払ってきたそうです。ですから、5回延滞した状態のまま、半年以上やりくりをされてきたわけです。

毎月ちゃんと払えるなら、そもそも延滞が始まらなかったはずで、やはり返済資金を無理に調達していて、ますます問題をむずかしくしているようです。そのようなお話を聞いているだけでこちらのほうが、胸になにかがつかえるような、吐き気がしてきます。いやですねぇ~ そういう生活。

「そんなつらい思いを1年も続けてこられたのですか。もうこれ以上無理するのはやめたほうがいいです。任意売却すれば、精神的にも経済的にも今よりず~~っと楽になりますよ」

このようにアドバイスしていますが、そのことが信じられなくて、今なお苦しんでいる方がどれだけいらっしゃるのでしょうか。任意売却という決断をするには、本当のことを見抜くリテラシーも必要なところがたいへんです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > ギリギリまでがんばらない

ページの上部に戻る