ホーム > 任意売却 Q&A > 銀行の呼び出しに応じる必要はない

銀行の呼び出しに応じる必要はない

※多く見られる一般的なケースを取り上げています。
※すべての金融機関が以下のとおりであるわけではありません。

住宅ローンの返済が滞ると、銀行から電話がかかってきて、事情を話しているにもかかわらず、銀行の支店で面談するように求められることがあります。その求めに応じて支店に出向いていけば、穏便に問題を解決できるように相談にのってくれるのでしょうか? 

その答えは「否」 たいていのケースでは、さんざんいじめられるだけです。銀行員の頭のなかには、顧客の心情や状況への配慮などみじんもありません。あるのは、上司が納得するシナリオを作り、それに沿った演技をこなすことです。

「親身になって事情を聞き、解決策を指し示し、厳しい言葉も投げかけたにもかかわらず、それでも債務者は払いませんでした」と報告すれば、やるべきことはやったと評価され、自らの出世の障害にならずに済むのでしょう。

そもそも、相手が何も望んでいないのに「呼びつける」ということ自身が非常識です。会いたければ自ら出向くのが当然であって、用がない側がノコノコ出ていく必要などまったくありません。「私には用がないです」と答えてかまいません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 銀行の呼び出しに応じる必要はない

ページの上部に戻る