ホーム > 任意売却 Q&A > 借金を踏み倒すことばかり考えない

借金を踏み倒すことばかり考えない

「任意売却後の残債務を払わないようにするには、自己破産するんですか?」

このような言い回しのご質問をされる方は、借金に追われる生活に疲れて、どうすれば借金を踏み倒せるのか、ということしか頭にないようです。そのような方が弁護士に相談すれば、いとも簡単にレールに乗せられて、着手金を支払ってしまうことでしょう。

任意売却に臨む考え方は、まず「返済」です。本来であれば、全額耳を揃えて返さなければならないことになっていますが、それは現実に無理なので、すべてではないにせよ、できるだけの返済を行おうという誠意が任意売却です。ですから、債権者にも歓迎されます。

任意売却を行った後、債務が残るのか、残るとしたらいくら残るのかは、現時点ではわかりません。それがわからないうちから、借金踏み倒しありきで、自己破産の話を持ち出すのはおかしいのです。

始めから売却価格とその後の残債務のおおよその見当がついていたとしても、物事には「スジ」というものがあります。分厚い財布を内ポケットに入れたまま「返すカネはない」などと言っても信用されません。返せるものは返して、その結果、足りない分をどうするかを検討した結果、自己破産という選択を採るのであれば、相手方も納得できるでしょう。

始めから自己破産 では、あまりに乱暴です。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 借金を踏み倒すことばかり考えない

ページの上部に戻る