ホーム > 任意売却物語 > 金融円滑化法期限切れの後

金融円滑化法期限切れの後

「ローンの返済額を減らしてもらいたいが、どうすればよいか」
「銀行にローンの組み換えを申し込んだら、断られた」
「ローンの借り換えを申し込んだが、断られた」

最近、住宅ローンの返済猶予に関するご相談が増えています。もとより、弊社はいわゆる任意売却業者であり、金融機関の対応については、なにもお答えできる立場にはないのですが、問題解決のための考え方、アプローチのしかたをアドバイスさせていただいています。

このようなご相談が増えた背景には、中小企業の事業資金と個人の住宅ローンの返済猶予を促す金融円滑化法が3月に期限切れになったこともあるでしょう。

今後、社会問題になりうることは、金融円滑化法によって返済猶予を受けてきた方が、猶予期限切れを迎えた時にどうなるのか、です。金融円滑化法期限切れ以後の対応については、各金融機関に委ねられることになりますが、早期回収を指向する姿勢に転換する可能性もあると思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 金融円滑化法期限切れの後

ページの上部に戻る