ホーム > 任意売却物語 > 債務者の立場を考えない金融機関

債務者の立場を考えない金融機関

通常、住宅ローンの延滞が6ヶ月に及ぶと、期限の利益を喪失して、任意売却をせざるを得なくなります。このことを逆にとらえれば、6ヶ月間の猶予があるわけで、その間は今後の生活を考える貴重な時間、とも言えます。

「任意売却するかしないか」といったことに、何ヶ月もウンウンうなっていてもしかたないですから、テキパキと判断を行い、暗くてつらい生活から明るく楽しい生活に転換するための計画を練る時間にしましょう。

任意売却のご依頼をいただいたお客様からの依頼で、住宅金融支援機構の窓口になっている金融機関の担当者に連絡をとったところ「任意売却に関する申出書」をすぐに提出するように求められました。お客様からはすでにその書類をお預かりしていましたが、そう言われて「はい、わかりました」と言うわけにはいきません。

なぜなら、任意売却に関する申出書の中には、期限の利益を放棄する旨の文言が含まれており、6ヶ月を経過していなくても、住宅金融支援機構は直ちに任意売却を開始するように求めることができます。そうなれば、今後の生活をじっくり考える貴重な時間を失ってしまうことになります。

「期限の利益を放棄することになり、お客様にとって一方的に不利になる」と拒否したのですが、「すぐ提出しても手続きに時間がかかる」などと理由にならない理由で執拗に求めてくるので、とにかくお客様の同意を得ていないので提出できない、とさらに突っぱねたところ、数日後、お客様から電話がありました。

「担当者から電話があって、申出書を出すように言われたので出してください」

お客様に直接かけあったのか。なぜ、そこまでして早く提出をさせたがるのでしょうか。任意売却を迅速に進めようという方針があるのでしょうが、あまりに乱暴なことは慎んでいただきたいと思います。

また、さらに私がわからないのは、それを平気で求めてくる担当者の考えや気持ちです。社命とあらば、相手がただ不利になることでも、ためらうことなく求めることができる、というのが優秀なサラリーマンの証なのでしょうか。そのような寝覚めの悪い仕事は、私には到底できません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 債務者の立場を考えない金融機関

ページの上部に戻る