ホーム > 任意売却 Q&A > 期限の利益を喪失したら任意売却の申し出をする

期限の利益を喪失したら任意売却の申し出をする

「期限までに支払わないと競売にかけるという通知が来たので、ひと月分だけでも払ったほうがいいのでしょうか?」

このご質問だけでは、期限の利益を喪失する予告なのか、すでに期限の利益を喪失し、残債務の一括返済を求められているのかが判別できません。期限の利益の喪失についても、競売申し立てについても「予告」と「完了」のどちらの通知かによって意味合いが大きく異なります。はっきりわからない場合は、ご自身の判断で解釈するのではなく、文面をその通りに読み上げてお尋ねください。面倒のようですが、とても重要なポイントです。

いずれにせよ、期限の利益を喪失する段階まで来たら、もはや家を手放す覚悟は固めましょう。もちろん、身内間売買などで住み続ける方法はあるかもしれませんが、少なくとも本人の名義のまま維持していくことはできないですから、とにかく任意売却を行う意向を債権者に伝えておくことをお勧めします。そうすれば、競売の申し立てをすぐには行わない債権者がほとんどです。

競売の申し立てをされるのを停めておいて、早急に今後の対策を検討しましょう。保証会社によっては、無条件で競売の申し立てを行うところもありますが、任意売却が成立すれば競売は取り下げられますので、やはりあらかじめ意向を伝えておいたほうが、後々の手続きがスムーズに進みます。任意売却を行う申し出は、行なって得することはあっても、損することはなにもありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 期限の利益を喪失したら任意売却の申し出をする

ページの上部に戻る