ホーム > 任意売却 Q&A > 無担保ローンの借入がある場合の任意売却

無担保ローンの借入がある場合の任意売却

住宅ローンの返済に困って、カードローンや消費者金融などの無担保ローンを借り入れて返済に当ててはいけません。もっとも安い金利の住宅ローンを返すために、もっとも高い金利の借入を作ったら、いずれ破綻することは目に見えています。

もっとも、現時点ですでに借り入れてしまっていたら、そのようなアドバイスは耳が痛いだけで役に立ちません。その場合は、どうすればいいかを考えてみましょう。

住宅ローンのように担保のある融資の場合、返済が滞れば担保を処分することによって返済できます。それによって全額返済できるかできないかはともかく、金融機関にとっては一定の回収手段がありますので、それをどう実行するかが関心事になります。

しかし、無担保ローンの返済が滞った場合、貸金業者側が採りうる手段は限られています。非常に立場が弱いので、取り立てに精を出すしかありません。だから「とてもうるさい」のです。

任意売却を行う際には、住宅ローンの返済をストップする必要があることは、何度も触れてきました。そこで、従来は住宅ローンの返済に当てていた資金を無担保ローンに振り向けることで、債務を解消してしまうのもひとつの手です。

ただ、取り立てがうるさいという理由で、目先のためだけに返済してはいけません。返済する以上、ちゃんと払い終えるだけの見通しがなければいけません。ひとつの目安としては、任意売却が完了するまでに完済できるかどうか、を検討してみましょう。

もし見通しが暗いようなら、中途半端にジタバタしてもしかたありません。住宅ローンと同様に返済をストップし、任意売却が完了した後に、住宅ローンの残債務と合わせてどうするかを検討するとよいでしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 無担保ローンの借入がある場合の任意売却

ページの上部に戻る