ホーム > 任意売却 Q&A > 小手先の個人再生をしてはいけない

小手先の個人再生をしてはいけない

個人再生は、住宅を持ったまま、他の債務のみを整理することができます。そのため、消費者金融に多額の債務がある人が、弁護士に勧められるがままに、その依頼をしてしまうケースがよくあります。

しかし、なぜ消費者金融に多額の債務ができてしまったのか、それを見なければ、個人再生は単なる付け焼刃にしかなりません。

無理な住宅ローンを抱えていると、恒常的に赤字になってしまいます。それを埋め合わせるために、他の借金ができてしまった場合、それをいくら整理しても再び同じことになります。水をいくらかき出しても、船底に穴が開いていたら、いつまでたっても同じことを繰り返すだけになるのと同じです。いずれは疲れ果てて、沈没してしまいます。

法律のことを調べることよりも、生活の基本となる収支をじっくり見極めましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 小手先の個人再生をしてはいけない

ページの上部に戻る