ホーム > 任意売却 Q&A > 一人暮らしの持ち家は迷わず売却

一人暮らしの持ち家は迷わず売却

いろいろなご事情をお持ちの方から任意売却のご相談をいただきますが、離婚を予定されているか、あるいはすでに離婚されたという方が少なくありません。家庭内の経済事情が厳しくなってくると、生活そのものが息苦しくなってくるのはやむを得ません。

離婚して妻と子どもは家を出ていき、元夫のみが持ち家に一人暮らしをしている場合があります。このような方は、悩みを共有する人が身近におらず、今後のことを相談できる相手がいないため、どうしても問題解決の方法を見出しにくい傾向があります。

2LDKやそれ以上の間取りの家に一人暮らしをしているのであれば、ローンの返済が可能かどうか、といったこととは関係なく、直ちに売却されることをお勧めします。そもそも、生活スタイルとお住まいが一致していないのです。そのようなところに住んでいても、まったく快適ではありません。

ずっと一人でいるとふと変なことを考えることもあるもので、住宅ローンを払ってくれるような新たなパートナーの出現を期待してしまう場合があります。とても考えにくいことではありますが、もし万が一にもそういう人が現れたとしたら、それこそそのような家は売却して、まったく新しい生活を始めたほうがずっと幸せになれます。つまり、いずれにせよその家は要らんのです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 一人暮らしの持ち家は迷わず売却

ページの上部に戻る