ホーム > 任意売却 Q&A > 家を手放さないためには早い段階での決断が必要

家を手放さないためには早い段階での決断が必要

住宅ローンの返済が厳しくなった場合、家を手放す覚悟さえあれば、そんなに悩むことはありません。しかし「どうしても手放したくない」という方もいらっしゃいます。それを実現するには、事実上身内間売買しかなく、そのためには早い段階からの準備と計画が求められます。特に、貯金の有無は大きなポイントです。

住宅ローンの返済を維持するために、貯金を使い果たして行き詰まってから、どうしたら家を手放さずに済むか? と考え始めるのでは、かなり手遅れです。キャシュフローがマイナスになり、いずれ行き詰まることがわかった段階で準備を始めれば、身内間売買を実現する可能性が大いにあった場合でも、財布の中身が空っぽになってしまっては打つ手の大半を失います。

家を手放したくないと考えるなら、早い段階から検討することをお勧めします。

ただし、家を手放したくないという方の理由をよくよくお尋ねしたところ、それほど強い意志があるわけでもない場合がよくあります。むしろ、まさしく決断が求められているその時に、その勇気がなく、問題を先送りするための口実になっている場合があります。経験的に言えば「できれば、家を手放したくない」とおっしゃる方の九割方はそうではないでしょうか。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 家を手放さないためには早い段階での決断が必要

ページの上部に戻る