ホーム > 任意売却物語 > 保証会社が破綻すると、任意売却がやっかいになる

保証会社が破綻すると、任意売却がやっかいになる

任意売却交渉は、銀行に代位弁済を行った保証会社、あるいはその保証会社から業務委託を受けた債権回収会社と行います。しかし、保証会社が破綻してしまい、融資元銀行が代位弁済を受けることができなかった場合、債権は元の銀行の手元にとどまることになります。

そうなった場合の任意売却は、少々骨が折れます。保証会社の担当者は、任意売却を実行することが日常業務ですが、銀行員はそのような業務をしたことがありません。任意売却の実務をほとんどご存じないので、一から教えて差し上げることがあります。

また、公社などの公的機関の場合、担当者はおろか組織自体が、裁量で担保物件の売却を決定することができず、任意売却を認めない場合もあります。

住宅ローンを借りるときに、返済ができなくなった時のことを想定する人はあまりいないかもしれませんが、住宅ローンを申し込む際は、金利だけに目を奪われるのではなく、保証会社も確認しておくことをお勧めいたします。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 保証会社が破綻すると、任意売却がやっかいになる

ページの上部に戻る