ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却することは、役所には秘密

任意売却することは、役所には秘密

住宅ローンの返済ができなくなった場合、銀行の担当者には「払えなくなったので、任意売却を検討している」と答えるようにお勧めしています。

しかし、固定資産税などの税金滞納があり、その相談や交渉で役所に行く場合、その対応のしかたはまったく変わってきます。決して「任意売却を検討している」などと言ってはいけません。なぜなら、それを聞いた役所は、すかさず差押を行うからです。

差押を受けると、任意売却する際に役所の同意も取り付ける必要が生じます。「役所の同意が必要なら、きちんと話をして同意してもらえばいいじゃないか」などと言うのは、現実を知らない議論です。取り立てさえできるのなら、納税者がヤミ金から借りてこようが、首をくくろうがどうでもいいと思っているのか、事情がどうであれ、滞納税を全額払わなければ差押解除には一切応じない、という強硬な態度をとる役所が少なくありません。滞納税額にもよりますが、そうなれば任意売却が、事実上不可能になってしまうおそれがあります。

税金の滞納がある場合は、いかに差押を回避するかが重要なポイントです。わざわざ相談に出かけて、自ら差押を受ける情報を与えてしまっては、自分で自分の首を絞めるようなものです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却することは、役所には秘密

ページの上部に戻る