ホーム > 任意売却 Q&A > 身内間売買でも任意売却の手続きは同じ

身内間売買でも任意売却の手続きは同じ

「住宅ローンの返済が困難になったが、どうしても家を手放したくない」という場合、それを可能にする唯一と言っていい方法が身内間売買です。身内の方に任意売却物件を買い受けてもらい、買い受けた人から借りるかたちをとります。

どうしても家を手放したくないとお考えになる方の中には、住宅ローンの延滞が始まらないうちから、身内間売買が可能かどうかを確かめようとする方がいらっしゃいます。しかし、それはあまり現実的ではありません。ある程度の見通しを立てることはできても、そもそも売出価格がいくらになるかは現時点ではわからないのですから、それに見合う資金調達が可能かどうかを確かめることができません。

「返済を延滞すれば、任意売却せざるを得なくなる。もし身内間売買が成立しないと、家を手放さなければならなくなるので、任意売却の手続きに踏み込めない」という方がいらっしゃいますが、それは自己矛盾というものです。

そのような方は、ローン返済が可能かどうか、その判断がきちんとできていないことになります。「身内間売買できないのであれば、任意売却しない」ということは、ローン返済の継続が可能でなければ成り立たないお話ですから、本当に返済が可能であれば、初めから身内間売買を考えることなどなかったはずです。

そして、無理な返済を継続すれば、手持ちの現金がますます少なくなり、身内間売買を成功させる条件がますます狭まってしまうことになるのです。

身内間売買は、任意売却を行った結果、その購入者が身内だったというだけの話で、その手続き、プロセスは、通常の任意売却とまったく同様です。まず、任意売却を実行することを決めて手続きをとり、売出価格が決まってから、身内間売買の検討を開始しても遅くないぐらいです。

返済が困難→任意売却手続きに入る→売出価格が決まる→身内が買い受けられるか検討する→買い受けが不可能なら任意売却を実行する と今決断することが、身内間売買を成功させる最善の道です。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 身内間売買でも任意売却の手続きは同じ

ページの上部に戻る