ホーム > 任意売却物語 > 身内間売買であらかじめ決めておくこと

身内間売買であらかじめ決めておくこと

身内間売買は、住宅を手放さずに済む唯一とも言える方法ですが、それを実行する前に話し合って、当事者間であらかじめ決めておくべきことがあります。

それは「家賃」の支払いについてです。身内間売買の資金にローンを利用した場合、少なくともその返済を行うだけの支払いは、確実に行なっていく必要があります。万が一、それさえも滞るようになった場合、今度こそ本当に売却して、残債を清算しなければなりません。

「そうなったら、そうなった時のこと」と高をくくっていたら、その時になって双方が対立してしまうおそれがあります。万が一の事態を想定し、その時は具体的にどうするのか、買い受ける人とあらかじめ決めておくべきでしょう。

また、それをきちんと決めておくと、買い受けた側の親族も安心できます。恩を仇で返すことのないように、決めるべきことはきちんと決めておきましょう。

無料相談電話:0120-961-881





コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.ninsui.com/2013/06/30/%e8%ba%ab%e5%86%85%e9%96%93%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%98%e3%82%81%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8/trackback/
トラックバックの送信元リスト
身内間売買であらかじめ決めておくこと - 任意売却を推進する【にんすい】 より

ホーム > 任意売却物語 > 身内間売買であらかじめ決めておくこと

ページの上部に戻る