ホーム > 任意売却物語 > 残債に合わせて売値を決めてはいけない

残債に合わせて売値を決めてはいけない

福岡市にお住まいのお客様から任意売却のご依頼をいただき、その物件査定のために近隣の売買事例を調査していたところ、同じマンションで売り出されている物件があることがわかりました。しかも、お客様の物件とは階違いで、まったく同じ広さ、間取りです。

その売出価格は、どう見ても相場の倍以上。その理由はすぐにわかりました。弊社のお客様の残債額より少し多めの金額だったからです。つまり、お客様とほぼ同様の条件で購入し、ともに支払いが困難になり、お客様は任意売却を選択されましたが、その売主の方は任意売却をご存じないのか「残債額+売却諸費用」を売出価格とされたのでしょう。

まれに、お客様から「同じマンションでこんなに高く売りに出ている物件があるのに、なぜうちはこんなに安くなるのか?」と疑念を持たれる場合がありますので、その「不当性」を示す証拠も用意しておかなければなりません。そこで、過去1年間に福岡市内でもっとも高く取引されたマンション売買事例を調べてみたところ、その平米単価よりも高価であることがわかりました。

もしその通りの価格で成約すれば「福岡一高価な中古マンション」が誕生することになります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 残債に合わせて売値を決めてはいけない

ページの上部に戻る