ホーム > 任意売却物語 > 保証会社からの通知は直ちに連絡を

保証会社からの通知は直ちに連絡を

任意売却のご依頼をいただいているお客様より、保証会社からの催告書が届いたとの連絡がありました。

その内容をメールでお送りいただいて中身を見てみると、社長名で送られてきており、担当者名の記載がありません。しかたなく、代表電話番号にかけて、担当者を探すところから始めました。

担当者がわかり、任意売却のご依頼を受けている旨を伝えると「今日ご連絡を頂いてよかったです。明日か明後日には、競売申し立ての手続きに入るところでした」とのこと。

延滞が始まったころに、すでに窓口銀行には任意売却の意向を伝えており、期限の利益喪失前には、銀行担当者が弊社に電話をかけてきて、状況について根掘り葉掘り訊いてきたので、ちゃんと説明しました。その内容は、申し送り事項として保証会社にも当然伝えられていてしかるべきです。しかし、実際にはなにも伝えられていなかったようです。弊社に対するあの長時間の「尋問」は、いったいなんだったのでしょうか? 仕事をしているポーズだけで、実はまったく仕事をしない銀行員も少なくないのかもしれません。

それはともかく、保証会社からの通知をすぐにお伝えいただいたことで事なきを得ました。債権者からの通知は、その都度お知らせいただけますようお願いいたします。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 保証会社からの通知は直ちに連絡を

ページの上部に戻る