ホーム > 任意売却物語 > 受けて立てば、全然こわくない

受けて立てば、全然こわくない

「取り立ては一切来なくなります」
「借金の返済はしなくてもよくなります」

このふたつのフレーズは、自己破産を勧める弁護士のお決まりのセールストークです。この言葉にはすごい魔力があるようで、生活費にも事欠いているはずの人が、どこでどうしたのか、そのための弁護士費用(40~50万)を用意してくるのを見るとびっくりします。

住宅ローンを延滞すると「督促状」が届きます。その郵便を受け取った後、その内容をお知らせいただければ、こちらで適切な対処をアドバイスします。弁護士の言う「取り立てが一切来なくなる」というのは、あなたに届くはずの手紙が弁護士に転送されるだけの話です。そもそも、手紙が届くことぐらいで、大の大人がビクビクすることはありません。また、秘密の手紙も弁護士に回ってしまうので、異性との関係が複雑な方は注意が必要です。

任意売却を行った後に債務が残った場合、その返済をどうするかは話し合いです。「返済しなくてよい」というわけにはいきません。しかし、返済できなければ、返済できるようになるまで待ってもらうしかありません。

今は、借金を踏み倒すことを考えるより、とにかく収入を増やすことに注力してください。その努力のかいあって年収1000万円を超えるぐらいになったら、その時は少し悩ましいことになるかもしれません。「借りたものは返す」と考える方もいらっしゃるでしょうし「やはり今からでも自己破産しよっ」という方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにせよ、ビクビクせずに「受けて立つ」ことです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 受けて立てば、全然こわくない

ページの上部に戻る