ホーム > 任意売却物語 > 財布の紐は固くしめる

財布の紐は固くしめる

住宅ローンの返済が厳しくなった方の理由をお尋ねすると、たいてい「減収」「失業」「病気」のいずれか、あるいはそれが複数絡み合っているケースがほとんどです。厳しい状況をどうにかしようとがんばったものの、刀折れ矢尽きて、切羽詰まってご相談いただくケースがほとんどです。

ただし、中には、ほんとうにお金にルーズな方もいらっしゃることも事実です。たとえば「住宅ローンは返済できるのですが、生活費が払えない」と意味不明のことをおっしゃるので、その意味を詳しく伺ってみると、給料日の直後に住宅ローンが引き落とされるので、住宅ローンは返済している。しかし、その後、生活費が足りなくなるので消費者ローンに頼っている、とおっしゃるのです。それは「返済できている」とは言いません。

お金にルーズな方は、財布の紐もゆるく、人に言われるがままに支払ってしまうケースがままあります。返済ができなくなったら、いったん財布の紐を固くしめて、支払う優先順位を決めなくてはいけません。「言われたから払う」では、自ら厳しい取り立てを招くことになります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 財布の紐は固くしめる

ページの上部に戻る