ホーム > 任意売却物語 > 競売は極力避けるべき

競売は極力避けるべき

任意売却のご相談の中には、まだ一度も延滞していない状態でご相談いただく場合もありますし、もう半年以上延滞して、すでに競売開始決定が出てからご相談いただく場合もあります。

競売の申し立てをされたからといって、任意売却ができなくなるわけではありません。競売開始決定が出たばかりであれば、時間的にはまだ余裕があります。あきらめることはまったくありません。

ただし、だからといって「競売にかけられてからでも大丈夫」と高をくくって、のんびり構えているのは考えものです。その影響は状況によって異なりますが、少なくともマイナスになることはあってもプラスになることはありません。まだ競売申立がなされていない段階であれば、申立をされる前に解決することをお勧めします。リスク要因をわざわざ作ることはありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 競売は極力避けるべき

ページの上部に戻る