ホーム > 任意売却物語 > なにかを変えなければ、変わらない

なにかを変えなければ、変わらない

任意売却に関するご相談と思いきや、お話を伺っていると「家は手放さない」という方向に進んでいく方がいらっしゃいます。

「収入は少ない」「住宅ローンの返済が厳しい」「消費者ローンの返済が厳しい」「自動車ローンの返済も厳しい」という場合、なにかを変えなければ問題は解決できないのですが、その「どれもが変えられない」とおっしゃるのです。しかし、なにもしないでは、何も変わりません。特に、消費者ローンの返済に解決の見込みがなければ、状況が悪くなることはあっても、よくなっていくことはないでしょう。

まずは、やりくりができる方法を見つけてみましょう。たとえば、自動車を処分したらどうなるのか? 「田舎なので、車のない生活など成り立たない」という方がいらっしゃるでしょうが、その是非は問題ではありません。ここでは、家計のキャッシュ・フローに着目して、それを試算するのが目的です。

また、それと同じように、家を処分したことを想定した試算もやってみましょう。これは全然ダメだと思う手でも、それを頭から否定するのではなく、一度は「手を読んでみる」と見えてくるものがあるかもしれません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > なにかを変えなければ、変わらない

ページの上部に戻る